セミナー情報
Seminar Information

予約受付中

【膝関節申込専用】トレーナー・治療家のためのコンディショニングセミナー

  • 2024年4月14日(日)10:00~17:00
岡本 雄作
講師
岡本 雄作 氏

こちらは【膝関節の単発参加申込専用フォーム】です。

知る人ぞ知る、スペシャリスト岡本氏をお呼びします!私も学ばせていただきましたが、とてもわかりやすい上に現場で使いやすい内容となっております。お客様自身も実感しやすくセルフで取り組んでくれる方が多数!人体の基礎である解剖学は重要とよく言われますが、なぜ重要かがよくわかります。ぜひ2024年は安城で解剖を学び直す一年にしましょう!

以下岡本氏からの紹介文です。
各関節を解剖学的側面から掘り下げていきます。 エコーを使い可視化していきます。 押圧の程度やピンポイントでの触診などから、平面的な理解から立体的な層を把握 し、関節の可動域制限因子となる静的組織への徒手アプローチから、お客様が取り組めるようなセルフマッサージへと落とし込みます。
また、その後のエクササイズを段階的かつ戦略的にアプローチすることで、機能不全を解消するための知識を磨いていきます。

※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)

開催終了

【フル参加申込専用】トレーナー・治療家のためのコンディショニングセミナー

  • 2024年2月〜12月
岡本 雄作
講師
岡本 雄作 氏

知る人ぞ知る、スペシャリスト岡本氏をお呼びします!私も学ばせていただきましたが、とてもわかりやすい上に現場で使いやすい内容となっております。お客様自身も実感しやすくセルフで取り組んでくれる方が多数!人体の基礎である解剖学は重要とよく言われますが、なぜ重要かがよくわかります。ぜひ2024年は安城で解剖を学び直す一年にしましょう!

以下岡本氏からの紹介文です。
各関節を解剖学的側面から掘り下げていきます。 エコーを使い可視化していきます。 押圧の程度やピンポイントでの触診などから、平面的な理解から立体的な層を把握 し、関節の可動域制限因子となる静的組織への徒手アプローチから、お客様が取り組めるようなセルフマッサージへと落とし込みます。
また、その後のエクササイズを段階的かつ戦略的にアプローチすることで、機能不全を解消するための知識を磨いていきます。

※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)

開催終了

【足関節申込専用】トレーナー・治療家のためのコンディショニングセミナー

  • 2024年2月25日(日)10:00~17:00
岡本 雄作
講師
岡本 雄作 氏

こちらは【足関節の単発参加申込専用フォーム】です。

知る人ぞ知る、スペシャリスト岡本氏をお呼びします!私も学ばせていただきましたが、とてもわかりやすい上に現場で使いやすい内容となっております。お客様自身も実感しやすくセルフで取り組んでくれる方が多数!人体の基礎である解剖学は重要とよく言われますが、なぜ重要かがよくわかります。ぜひ2024年は安城で解剖を学び直す一年にしましょう!

以下岡本氏からの紹介文です。
各関節を解剖学的側面から掘り下げていきます。 エコーを使い可視化していきます。 押圧の程度やピンポイントでの触診などから、平面的な理解から立体的な層を把握 し、関節の可動域制限因子となる静的組織への徒手アプローチから、お客様が取り組めるようなセルフマッサージへと落とし込みます。
また、その後のエクササイズを段階的かつ戦略的にアプローチすることで、機能不全を解消するための知識を磨いていきます。

※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)

開催終了

Active Kids〜スペシャルバージョン〜

  • 2023年12月3日(日)10:00~17:00
中鶴真人
講師
中鶴真人 氏

お子さんの運動発達は、適切な時期、環境が大きな影響を及ぼします。

大きく分けて0才から立ち上がるまで、立ち上がってから歩けるようになるまで、歩けるようになって以降の運動発達と3つに分かれています。しかし、多くのメソッドや文献では0才から歩けるまでの運動発達には詳しいですが、1歳以降の発達についてあまり言及されず、かなり飛び級してスポーツの指導まで飛んでしまうことも少なくありません。

子どもに必要な運動とは何か?心の発達との関係、1歳以降の運動発達などなど、子育て中の保護者から指導の在り方に悩む運動指導者まで、幅広く学んで欲しい内容がアクティブキッズです。当然大人を対象とした運動指導者にも効果的です。

この機会に子どもから発達し直ししませんか?子ども指導のスペシャリスト、作業療法士の中鶴真人が伝える「子ども指導の本質」を是非学んでください。

※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)

開催終了

中鶴真人が紐解く文献の要点

  • 2023年12月2日(土)14:00~17:00
中鶴真人
講師
中鶴真人 氏

脳科学を背景にリハビリから運動指導、保育や療育まで様々な領域を紐解いて効果的なアプローチを考案してきた中鶴が超難解な文献の読み方やポイントを解説します。

アフォーダンスやデクステリティといった文献の本質や魅力の紹介だけではなく、
読み方、要点などアダプテーション理論の背景に迫るお話です。

文献で学んだことを如何にして実践するのか?
体系化にあたって留意することなど、様々な話を聞くことができます。

本自体を持っていなくても内容は理解できます。

中鶴初の文献解説をご期待ください。

※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)

開催終了

【STC Japan イントロセミナー】複雑系に対するトレーニング・リハビリテーションの再考- 概論・各論・実践エクササイズ-

  • 2023年11月12日(日)10:00~17:00
新井颯太
講師
新井颯太 氏

トレーニングやリハビリテーションで行ったアプローチが、実際のパフォーマンス(日常生活や競技スポーツ動作)になかなか現れない。測定の結果は変わっていても、試合でのパフォーマンスは変わらない。そのような経験はありませんか? こう言った現象の背景には、トレーニング・リハビリの中に、実際のパフォーマンスへの「転移」が考慮されていないことがあります。私たちはどのように運動をコントロールし、どのように運動を学習していくのでしょうか?このような課題を解決するために、STC Course では、2015年にラグビー日本代表を牽引し、国内でも注目を浴びているフラン・ボッシュ氏の理論を体系的に学ぶことができます。今回のイントロセミナーをご受講いただくことで、STC(Strength Training & Coordination) のコンセプト、そしてその理論を落とし込んだエクササイズに触れていただき、ご自身のアプローチを再考するヒントが得られます。

*こちらのセミナーは、STC Japan イントロセミナーの内容を一部拡張した形で実施するセミナーとなっております。
※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)

開催終了

呼吸と感覚器〜評価と改善方法〜

  • 2023年10月29日(日)10:00-17:00
根城祐介
講師
根城祐介 氏

呼吸は生まれてからすぐ行う運動動作です。そのため近年非常に注目されていますが、感覚器とも密接な関係があるのはご存知でしょうか。感覚器とは中枢神経系で統率された各器官で、運動療法・治療介入において必要不可欠なものです。今回のセミナーでは、呼吸のメカニズムから中枢神経への結びつき、そして感覚器(前庭覚・視覚・体性感覚)との関係を解説します。これを受講すると、ご年配の方への運動器介入、自爆型の怪我への介入、呼吸の評価から改善方法、感覚器の評価と改善方法を習得できます。

※三河安城駅ご利用の方は送迎いたします(ご希望の方は備考欄に記入願います)
※オンライン・録画(1週間予定)をご希望の方は備考欄に記入願います

開催終了

【JATA公式セミナー】アダプテーショントレーニング

  • 2023年9月3日(日)14:00~17:00
鈴木清吾
講師
鈴木清吾 氏

環境が人に合わせてくれるバリアフリーな社会となり
ユニバーサルデザインといった人に優しいツールや環境に世の中はあふれています。

一方で、人の能力とは周囲の環境に合わせることで発達、機能維持を図っています。
人に合わせすぎた環境によって今、子どもから大人まで様々な身体能力の低下が叫ばれています。

それは言い換えると人が環境に合わせる能力が低下していると捉えられます。
アダプテーショントレーニングは現代こそ必要とされる環境適応能力を培うトレーニングです。

子どもから大人まで運動指導者や治療者などにお勧めのトレーニングです。
既存のトレーニングの概念を覆す脳科学に基づいたトレーニングを是非体感してください。

※認定証あり
※ご希望の方は三河安城駅から送迎いたします
※ご希望の方は2日(土)15時小学生クラス/16時幼児クラスの運動教室を2階から見学いただけます[無料]
※ご希望の方は2日(土)18時〜懇親会にご参加いただけます[有料]

開催終了

ジュニア世代のトレーニング再考〜巧みさと運動連鎖から考えるパフォーマンス〜

  • 2023年9月3日(日)10:00~13:00
鈴木清吾
講師
鈴木清吾 氏

スポーツパフォーマンスの向上を考えた時に沢山の選択肢が浮かんできます。
その中でも成長期の体に悪影響がないようなパフォーマンスアップのトレーニングを考えていきます。
単純な筋力アップではなく①動作を巧みにする②パワースキルを上げるという2点についてお話しさせていただきます。


①動作を巧みにするのには、多様性の獲得が近道になります。
ちょうど良い方向へ、ちょうど良い出力で、ちょうど良いタイミングに筋力を発揮できることが動作が巧みになることだと考えています。

②パワースキルとは大きな力を出力するための体の使い方です。
アナトミートレインで知られる筋膜の連鎖を考え、チェーンをエキセントリックに収縮したところから一気にコンセントリックに出力させます。パワースキルはテクニックです。誰でもコツを掴めばある程度の習得が望めます。


今回は①②が必要な理由、獲得するためのトレーニング方法を実技を中心にお伝えさせていただきます。
私がずっとやってきて結果の出たものを抜粋した現場型のトレーニングです。

※ご希望の方は三河安城駅から送迎いたします
※ご希望の方は2日(土)15時小学生クラス/16時幼児クラスの運動教室を2階から見学いただけます[無料]
※ご希望の方は2日(土)18時〜懇親会にご参加いただけます[有料]

and MORE...

adapbase(アダプベース)エクササイズマット

ADAPBASE

踏むだけでカラダを変化させる。脳科学から考えられたトレーニングマットです。

S.Base

S.Base

株式会社サンメディカル協力のもと、物療の知識を治療家の皆さまへご提供しております。

セミナー情報

セミナー情報

PBPが主催となり、著名なトレーナーなどを招致し、様々な知識更新をご提案しております。

会社概要

会社概要

PBPの会社概要に関する詳細、所在地情報などはこちらをご参照ください。